· 

【重要】新型コロナウィルス拡散防止の観点から延期となりました

新型コロナウィルス拡散防止の観点から延期となりました。残念ですが演奏会が可能な状況となりましたら改めてお知らせいたします。ご購入、ご予約頂きました方々、誠にありがとうございました。

西口彰子 

にしぐち あきこ|ソプラノ

小山市出身。東京藝術大学卒業後、渡米。マネス音楽院修士課程、及びプロフェッショナル・スタディ・ディプロマコース修了。アメリカ、ドイツ、イタリアにて活動、数々のコンクールに受賞。ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団と共演(ドイツ)。アルゲマイネ紙に「光り輝く高音、心地よいビブラート、音程、声のしなやかさによって聴衆は誰もが息を呑んだ。」と評される。東京藝大シンフォニーオーケストラ、群馬交響楽団、東京フィルハーモニーなどと共演。歌を通して人間の心身の働きに深い興味を持つ。2019年英国アレクサンダーテクニーク協会(STAT)公認教師資格を取得。とちぎ未来大使。小山評定ふるさと大使。二期会会員。

 

廣海史帆 

ひろみ しほ|バロック・ヴァイオリン

東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学大学院修士課程古楽科を修了。これまでに、佐々木晶子、久合田緑、田中千香士、原田幸一郎、若松夏美、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。第22回古楽コンクール〈山梨〉最高位、併せて栃木・蔵の街音楽祭賞を受賞。2007、08年、パリ・シャンゼリゼ管弦楽団より奨学金を受け、サント・ヨーロッパ音楽アカデミーに参加。NHK-FM「名曲リサイタル」、旧奏楽堂デビューコンサート等に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、レ・ボレアード、横浜シンフォニエッタ等の公演・録音に多数参加するなど、古楽、モダンを問わず様々な演奏活動をしている。

 

横山博 

よこやま ひろし|チェンバロ

1981年生まれ。日本大学芸術学部音楽学科ピアノコースを首席卒業ならびに湯川制賞を受賞。スマラノ・オルガンアカデミー(イタリア)修了。カトリック松が峰教会オルガニスト、立教大学合唱団ピアニストを歴任。上野楽器、宇都宮短期大学附属高校で歴史的奏法、音楽修辞学の講演会を行う。《平均律クラヴィーア曲集》全48曲等J.S.バッハ主要鍵盤作品の全曲演奏会を開催。2016年パッヘルベル《アポロンの六弦琴》全曲を日本初演。チェンバロを沼尾美和子、桑形亜樹子、大塚直哉(東京藝術大学教授)ジョン・バット(グラスゴー大学教授)に師事。

 

徳島大藏

とくしま だいぞう|ヴィオローネ

米国インディアナ大学音楽学校大学院修士課程コントラバス科卒業。コントラバスをブルース・ブランズビー氏に、ヴィオラ・ダ・ガンバ及びヴィオローネをウェンディ・ギレスピー氏に、バロック演奏法をエヴァ・レジェーヌ氏に師事。帰国後は上野学園大学古楽研究室・櫻井茂氏の元で古楽器演奏及びアンサンブルを学ぶ。バロック室内アンサンブルや教会音楽の通奏低音奏者として活動中。

 

写真:松坂屋京都染織参考館資料

安達正浩製作:G.ジュスティモデル(2018)

本公演初披露

宮野裕子:雲間に松蔦模様小袖から(蓋装飾)