Profile

ヨハン・パッヘルベル《アポロンの六弦琴》から第1アリア(パイプオルガン

横山 博 

HIROSHI YOKOYAMA

 

1981年宇都宮市に生まれる

日本大学芸術学部音楽学科ピアノコースを首席で卒業。同大学院芸術学研究科修士課程を修了ならびに「リスト作曲ピアノ・ソナタ」に関する修士論文及び作品演奏により湯川制賞を受賞、スマラノ・オルガンアカデミー(イタリア)修了

 

これまでにチェンバロを沼尾美和子、ジョン・バット(グラスゴー大学教授)、桑形亜樹子の各氏に師事。パイプオルガンをエドアルド・ベロッティ氏に師事。ピアノを堀江真理子、ジャン・ポール・セヴィアに師事。その他、鍵盤楽器の歴史的奏法や修辞学的解釈などを、ジャック・ファン・オールトメルセン、リウヴェ・タミンガ、フランチェスコ・チェーラ、ウンベルト・フォルニ、ウィリアム・ポーター、ジョエル・スピーストラ、ハンス・ダヴィットソンの各氏から指導を受ける

 

2006年から2012年まで立教大学OB・OG合唱団トリニティコールのピアニストを勤める

2008年から2012年までカトリック松が峰教会のオルガニストを勤める

2009年 宇都宮美術館での美術展「栄光のルネサンスから華麗なロココ」開催中に、エル・グレコなどのバロック・マニエリスムの絵画とともに、イタリア、オランダ、フランス、ドイツをテーマとした全4回シリーズのチェンバロコンサートを行った

2011年 モーツァルト・ピアノ(クラヴィ―ア)ソナタ全18曲演奏会を開催し、モダンピアノとフォルテピアノ、クラヴィコードを用いたリサイタルを開催

2012年 ボローニャのサン・ペトローニオ大聖堂では2つの歴史的大オルガンによってジョバンニ・ガブリエリ、ペッレグリーニなどの作品を演奏する

2012年 ベートーヴェンのピアノトリオ作品1・全3曲の演奏会の開催(共演:角倉翔一、林レイコ)

2014年 モーツァルトのヴァイオリンソナタ・マンハイム・パリ・ソナタ全6曲を演奏(共演:川上哲朗)

2014年 チェンバロとクラヴィコードによるJ.S.バッハの《フランス組曲》全6曲、《インヴェンションとシンフォニア》全30曲のリサイタルをおこなった

2015年 J.S.バッハの《平均律クラヴィーア曲集第1巻、第2巻》全48曲をクラヴィコードとチェンバロを用いたレクチャーコンサートのシリーズを開催

2016年、パッヘルベルの《アポロンの六弦琴(全6曲)》を、マニフィカト第3旋法やシャコンヌヘ短調と組み合わせオルガンとクラヴィコードによって日本初演

2017年 ジョン・ケージ《プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード(全20曲・ニューヨーク・スタインウェイB使用)》、モートン・フェルドマン《バニータ・マーカスのために》のピアノリサイタルを行った

2018年 朝日新聞文化財団の助成により、歴史的ピアノ・スタインウェイMを使用したジョン・ケージ《プリペアド・ピアノのためのソナタとインターリュード東京初公演を開催(両国門天ホール)

2019年と2020年にはジョン・ケージ《4'33''》、モートン・フェルドマン《バニータ・マーカスのために》のリサイタルを開催(豊洲シビックセンターホール)

 

HIROSHI YOKOYAMA

 

Born in Utsunomiya City in 1981. He graduated at the top of his class from the Department of Music, Nihon University College of Art, where he majored in piano. He completed his master's degree at the Graduate School of Art and Design of Nihon University, where he received the Yukawa Prize for his master's thesis and performance of Liszt's Piano Sonatas, and completed his studies at the Smarano Organ Academy in Italy.

 He has studied the harpsichord with Miwako Numao, John Butt (Professor at the University of Glasgow) and Akiko Kuwagata, and the pipe organ with Eduardo Bellotti. He has studied the piano with Mariko Horie and Jean-Paul Sevilla.  In addition, he studied historical and rhetorical interpretation of keyboard instruments with Jacques van Oortmelsen, Liuwe Tamminga, Francesco Cella, Umberto Forni, William Porter, Joel Speerstra and Hans Davidson.

 

From 2006 to 2012, he was the pianist of Rikkyo University's Trinity Chor.

Served as the organist at Catholic Matsugamine Church from 2008 to 2012.

2009 During the art exhibition "From the Glorious Renaissance to the Splendid Rococo" at Utsunomiya Museum of Art, he gave a series of four harpsichord concerts on the themes of Italy, Holland, France and Germany, together with paintings by El Greco and other baroque mannerists.

2011 Recital of Mozart's 18 piano (clavier) sonatas for modern piano, fortepiano and clavichord

2012 Cathedral of San Petronio in Bologna with two historic grand organs playing works by Giovanni Gabrieli, Pellegrini

2012 Beethoven Piano Trio, Op.1 and 3 pieces (with Shoichi Sumikura and Reiko Hayashi)

2014 Mozart's six sonatas for violin, Mannheim and Paris (performed with Tetsuro Kawakami)

2014 Recital of all six of J.S. Bach's "French Suites" and all 30 of "Inventions and Sinfonia" on harpsichord and clavichord

2015 Series of lecture concerts of J.S. Bach's "The Well Tempered Clavier, Vol. 1 and 2" on clavichord and harpsichord

2016 Japanese premiere of Pachelbel's "Hexachordum Apollinis" combined with the Third Magnificat and the Chaconne in F minor for organ and clavichord

2017 John Cage, "Sonatas and Interludes for Prepared Piano (using Steinway B)," and Morton Feldman, "For Bunita Marcus," a piano recital.

2018 John Cage's "Sonatas and Interludes for Prepared Piano," the first Tokyo performance of John Cage's "Sonata and Interlude for Prepared Piano" on the historic Steinway M, funded by the Asahi Shimbun Cultural Foundation (Ryogoku Monten Hall).

Recitals in 2019 and 2020 of John Cage's "4'33''' and Morton Feldman's "For Bunita Marcus" (Toyosu Civic Center Hall).

 

批評誌『エクリヲ』インタビュー記事 http://ecrito.fever.jp

Interview:横山博「アメリカ実験音楽を「古楽化」し、刷新する。鍵盤奏者、横山博のヒストリカルアプローチ」

 

《バニータ・マーカスのために》豊洲シビックセンター公演から

Hiroshi Yokoyama, (born June 30, 1981, Utsunomiya, Japan) is Japanese Pianist, Cembalist, and Organist. He earned a degree in piano at the Nihon University College of Art, and earned a master’s degree of Musical Arts and earned the honor as Yukawa Osamu-prize. He completed Smarano Organ Academy (Italy) 2012. In 2011, he held recitals of entire Mozart’s Piano Sonatas on a modern piano, fortepiano and clavichord. He had a four cembalo recitals with baroque art like El Greco in Utsunomiya Museum. He played works of Giovanni Gabrieli and Vincenzo Pellegrini on historical two organs at San Petronio Basilica (Italy) in 2012. He held recitals of J.S. Bach’s complete 6 French Suites and complete Inventions and Sinfonias on cembalo and clavichord in 2014. From 2008 to 2012, he was a organist of Matsugamine Catholic Church. He studied cembalo with John Butt, Akiko Kuwagata, and Mieko Numao. He studied organ with Edoardo Bellotti. He studied with modern piano Jean-Paul Sevilla and Mariko Horie. He got coaching historical playing and rhetorical interpretation from Liuwe Tamminga, Jacques van Oortmerssen, William Porter, Francesco Cera, Joel Speerstra, Umberto Forni, Armando Carideo, Hans Davidson.